2月 3, 2014 · カラコン · コメントは受け付けていません。

カラコンを一度使うと、もう手放せなくなってしまいますよね。素の瞳のままのおでかけがしにくくなったりしませんか?でもカラコンって、目に良くないっていいますよね。学校や職場でもつけてる人は、結構一週間フルに、しかも日によっては朝から晩までつけてることも…。カラコンって、毎日使っても大丈夫なものなのでしょうか。

カラコンがなぜ目によくないかというと、目の角膜を覆ってしまう為、角膜が酸素を取り込めなくなってしまうからなんです。角膜には他の体の部分と違って血管がありません。だから、大気中から酸素を取り込まないといけないんです。レンズをずっとしていると、いくら酸素透過率があるといっても呼吸しにくい状態なのはかわりません。角膜が酸素不足を起こしてしまい、角膜の細胞は減って、二度ともとには戻りません。

ですから、使用時間は一日8時間を守りましょう。毎日の長時間の装用は、やはり目への影響がある可能性があります。悪いと失明ですが、軽いものでもティアモカラコン使用者の多くが視力が下がるなどの影響はうけています。ですから、必要なときにだけ付けるほうが本当は望ましいのです。

たとえば、週末だけの使用にする、とか、普段学校で使いたい!ていうのであれば、土日はお休みの日にしてあげるとか、そんなふうに工夫をして目を休ませてあげてください。また、頻繁に使うなら一年使用など長期で使えるカラコンを選んでいるかもしれませんが、長い間使い続けると酸素透過率なども低下していきます。なので、毎日使いたい、けど本当に目のことを考えるのでしたら、ワンデータイプを使うのが一番です。